Pythonで改行を含む文字列を操作する

Pythonではクオテーションを3つ重ねると、改行を含んだ文字列を定義できる。
["""][]みたいな。
実際見てみよう。

# -*- coding: utf-8 -*-
def func():
    word = """最近女の子と飲みに行く機会が増えた。
そうすると、勉強がおろそかになってしまっている"""
    print(word)

#関数の実行
func()

実行結果はこうなる

最近女の子と飲みに行く機会が増えた。
そうすると、勉強がおろそかになってしまっている

のようなエスケープシーケンスを使って改行するという手もある。
バックスラッシュ()自体を文字列として表記したいときは、のようにバックスラッシュを2つ重ねる。

エスケープシーケンス一覧

エスケープシーケンス 説明
改行
改行(CR,キャリッジ・リターン)
水平タブ
f 改ページ
シングルクオテーション
"" ダブルクオテーション
バックスラッシュ

読んだ本

みんなのPython 第3版

みんなのPython 第3版

  • 作者: 柴田淳
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2012/08/29
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 13回
  • この商品を含むブログ (26件) を見る

Python入門の定番。